自分の心臓の状況を知るために心臓ドッグを受けよう

万が一のために

夜間 急病や怪我 1次救急医療

急に夜間に熱発や怪我などがあると平常心が保てなくなり焦る場合があります。ですので普段から夜間の急病(熱)や怪我などの対応はきっちりと計画をたてておくことが大切です。急病(熱)や怪我などは夜間診療、1次緊急医療を受けてください。多くの都心で24時間、365日、医師や看護婦が対応してくれるダイヤルがあります。このダイヤルでは市民の健康相談をしてくれるのですが、その一環として夜間の対応病院なども探してくれますので非常に便利です。突然の体調不良で症状がわからない時でも電話で相談すると安心できるので利用することが肝心です。

夜間 入院が必要 2次救急医療

夜間に突然の体調不良で入院が必要になった時は夜間診療、2次救急医療を受けます。突然の体調不良で入院になる事態はいつくるかわかりません。ですので常日頃からその対策を考える事はとても大切です。最悪の場合、命にかかわることですので2次救急医療対策はきっちりと計画をたてておくべきです。最近では、多くの市町村のホームページのトップページに急病の時というカテゴリーがあります。そこをクリックしますと、夜間診療の2次救急医療の対応の仕方がのっているのでぜひチェックしてみてください。(1次救急医療も載っております)そこには2次救急医療の対応病院が曜日、時間帯別に載っており、病院の電話番号も載っておりますので、お住まいの地域のホームページをパソコンのブックマークに入れるか、または用紙などに病院名と電話番号をひかえておくといざという時に役にたつでしょう。