自分の心臓の状況を知るために心臓ドッグを受けよう

大切な消毒

ノロウイルスにかからない為の消毒方法について説明します

ノロウイルスの消毒には、まずは手洗いをしっかりします。石鹸で手洗いをして、後は、アルコールで手のノロウイルスを消毒するといいです。 調理器具などは、食器用の洗剤で十分に洗った後で、次亜塩素酸ナトリウムの付いたペーパータオルで拭き取るのが一番良い方法です。 トイレやお風呂の浴槽なども、次亜塩素酸ナトリウムの付いたペーパータオルで拭き取るのが良いでしょう。 ノロウイルスが感染していそうななま物は、茹でるなどの方法で、熱湯消毒するのが良い方法です。 家族などの同居人がノロウイルスに感染した場合には、その人の衣服などは捨てるのが一番なんですが、もったいない場合には、消毒方法として、次亜塩素酸ナトリウムの水溶液に10分位浸して置くのが良い方法です。

知っておくべきノロウイルスの消毒方法

寒くなり始める11月から暖かくなる3月ごろまで流行が続くノロウイルスという感染症は、乳幼児から高齢者までと幅広く感染する可能性のあるウイルス性の病気です。主な症状は、下痢、腹痛、嘔吐、発熱などが見られ、経口感染によって感染します。 一般的な風邪などのウイルスは、殺菌消毒することで体内への侵入を防ぐことができますが、ノロウイルスは、アルコールなどへの抵抗性が強いため通常の消毒方法では殺菌できません。そのため特に気を付けなければならないのは、感染者の嘔吐物処理です。 広がったものをふき取るだけでは不十分で、嘔吐物が渇くと塵のようになり吸い込んでしまう事があるので、処理と共に床や使った道具などの消毒もしなければならないのです。 ノロウイルスの消毒には、次亜塩素酸ナトリウムとよばれる薬剤が適しているとされていますが、家庭にあるものだと塩素系の漂白剤でも代用ができます。吐しゃ物などの処理をする際は、使い捨ての手袋、マスクなどを身に着け、使った拭きものなどを捨てた袋は、漏れる隙間がないようにしっかりと閉じることでノロウイルスの二次感染を防ぐことができます。