自分の心臓の状況を知るために心臓ドッグを受けよう

ピックアップ

心筋梗塞を防ぐ

日本人の死因第2位として、心筋梗塞が挙げられます。心筋梗塞は突然発症することもありますし、知らない間に症状が進行することもあるのです。それを発見するために、心臓ドッグは欠かせないのです。心臓ドッグを受ける時は、定期的に同じ病院で受けた方が良いです。

» readmore

症状を緩和

アレルギー性鼻炎に効果があるのが、べにふうきです。べにふうきはお茶の種類の1つなのですが、緑茶とは異なります。べにふうきにはタンニン、メチル化カテキンが含まれているので、鼻炎のくしゃみや鼻水などの症状を改善することができます。

» readmore

万が一のために

夜中に急病を発症した、ケガをした、という場合は夜間診療を受けましょう。熱やケガなどの場合は1次緊急医療を受けた方が良いですが、入院が必要な場合は、2次救急医療を受けます。

» readmore

心臓ドッグを受ける

子宮頸がんはゆっくり進行するので、早期発見を目指しましょう。副作用を感じない治療法もあるので安心して挑めます。

どうやって選ぶのでしょうか

心臓ドックとは心電図や胸部X線に加え、より精密な検査を行います。この検査により、全身の動脈硬化の度合いをチェックし、心臓の現状を合わせて評価します。この心臓ドックを利用する際に、重要である選び方を説明します。まずは、検査費用です。病院やクリニックによって大きく異なりますので、ある程度予算を決めて絞りましょう。また、検査項目も重要です。受けてみたい検査が含まれているのか確認しましょう。他にも、検査の所要時間は確認しておきましょう。さらに、検査後に病気が見つかっても、フォローしてくれるかどうかも確認しておくと、万が一の時に安心です。医師やスタッフが、しっかり話を聞いてくれるかどうかということも重要なので、受付時の電話対応などから確認しましょう。

どんな人が受けるべきでしょうか

心臓ドックを受けることは、心臓の現状を知ることになり、突然死を防ぐことにつながります。心臓ドックを受けるべき人と、その理由について説明します。家族に心臓病や突然死をされた方がいる場合は、心臓ドックをおすすめします。その理由は、心臓病は遺伝要因も関係しているからです。閉経後の女性もおすすめします。その理由は、閉経することによって女性ホルモンが減少し、動脈硬化が進みやすくなってしまうからです。さらに、不規則な生活習慣を送っている方、体重が急激に増加した方も受診をおすすめします。その理由は、生活習慣や体重変化によって、心臓に負担がかかってしまうので心臓病のリスクが上がるからです。これらの以外の方でも心配がある方は、一度受けてみると良いと思います。

大切な消毒

ノロウイルスの予防法は、石鹸での手洗い、アルコールでの消毒です。感染者が使った調理器具などは、洗剤で洗った後に、亜塩素酸ナトリウムの付いているペーパータオルで拭き取ると効果的です。

» readmore

広めないために検査をしよう

性病検査は定期的に行なうことが大切です。性行為以外でも感染する可能性があるので、知らない間に広めないために性病検査をすることが大切なのです。現在では病院に行かなくても、検査キットで検査をすることができます。

» readmore